実力主義の世界!大きなプレッシャーが負担となる場合も

外資系会社の実力主義世界とは

外資系会社は良い意味でも悪い意味でも完全実力主義の世界です。簡単にいえば、ノルマを確実にこなせるなら就労時間の9割を寝て過ごしていても誰も注意などはしません。しかし、それは誰も助けてくれないという意味でもあります。注意や指導などは就労者を成長させようとする感情表現の一環でもあるといわれています。外資系会社の場合は、口頭注意などがまったくなく、期限に少しでも遅れたら、すぐに解雇されてしまう危険性が常に伴っているのです。作業内容に間違いがあった場合も同様です。また、賃金の設定もアピール力次第という傾向があるといわれています。「自身がどれほど出来るか」とアピールする際は、自分の能力を何倍にも大きく見せる方が多いです。この「身の丈以上に自分を売り込む」行為は日本社会ではあまり好まれていない傾向があり、推奨されないケースが多いですが、外資系会社の場合はまったくの逆です。

実力社会ゆえにプレッシャーは常にあります

外資系会社に採用されていることの多いといわれている賃金設定のパターンは、グレード別に労働者を分けて与える報酬を変えるシステムです。わかりやすく表現をするなら、作業内容が良かった社員の20%はAランク。それ以下の60%はBランク。そして、それ以下の残り20%は足きりラインであると同時に薄給であるCランクといった形式です。この場合のCランクはいつ解雇されても良いような契約内容になっている場合が多く、常に解雇の危険性と隣合わせです。こういったシステムは競争を生み、個々人の実力を引き出すことができるといわれていますが、競争が苦手な方や、マイペースに仕事をしたい方にとっては多大なプレッシャーになってしまう場合がありますので、注意が必要です。

© Copyright Reality Of Foreign-affiliated. All Rights Reserved.