意外?英語をほとんど必要としない企業も

英語が必要ない企業も多い

英語力を生かせる現場で働きたいと考えていたにもかかわらず、外資系に転職して全然英語を使う必要がないというケースもしばしばあります。確かに外資系企業では現場で日常的に英語でコミュニケーションを取っているところもたくさんあるのですが、日本国内で勤めていると従業員の大半は日本人です。日常業務を行う上では日本語によるコミュニケーションの方が便利なので英語を使わずに済んでしまうのです。また、国内市場をターゲットにした事業しか行っていない場合もあり、上層部の一部の人だけが海外の拠点とのやり取りをしているという現場もたくさんあります。必ずしも英語力を生かして働けるとは限らないということは理解しておきましょう。

読み書きしか必要がないケースも多い

英語が必要とされているケースでもコミュニケーションにはほとんど使わずに済んでしまうことはよくあります。日常的には日本語でしか会話をすることがなく、英語を使う必要があるのが海外とのメールのやり取りだけという現場も多いのです。ビジネスレベルの英会話スキルを手に入れてようやく外資系企業に転職できたという人が、読み書きばかり必要になってしまって途方にくれることもあります。英語力が求められているケースでも現場でどのようなスキルが必要とされているのかを確認しておくことが大切です。読み書きも会話もできるスキルがあるに越したことはありませんが、あっても意味がない場合もあれば、特定のものだけ必要なこともあるので注意しましょう。

© Copyright Reality Of Foreign-affiliated. All Rights Reserved.