上下関係はフラット

年功序列の日本とは違う

外資系企業に転職すると上下関係でほとんど悩まなくて済むようになるのが一般的です。日本では職場に階層ができていることが多く、目上の人を敬うことを意識し続けなければなりません。もともと国内では年功序列の考え方が強く、歳上の人を敬わなければならない場合がほとんどです。昇進などの際にも年齢が高い人の方が優先されやすい傾向があります。しかし、外資系企業では年齢差はあまり考慮せず、実力があるかどうかを重視するのが特徴です。成果を重視するため、実力があっても鼻高々になる人はあまりいません。目上の人も目下の人も対等な立場で話すことができるフラットな職場環境が整っているので、特に上下関係で悩みを抱いてきた人にとっては外資系に転職するメリットと言えるでしょう。

役職の有無も大きな差を生まない

階層構造が作られている組織では明確に上下関係が定められています。一般的には役職が付いていて決裁権限を持っている人を敬わなければならないのが日本企業における基本ですが、外資系企業では状況が異なります。社員間のコミュニケーションにおいては役職の有無すらあまり影響を及ぼさないのです。外資系企業では役職が付いたとしても、その役職に適任の能力を持っている実力者だと判断されます。役職がないからといって実力が劣っているわけではなく、適材適所で働いているだけだと考えられるのです。そのため、上司にあたる人と友達のように話をしながら仕事をするケースも少なくありません。このようなフラットな環境を好む人は外資系へ転職するのが望ましいでしょう。

© Copyright Reality Of Foreign-affiliated. All Rights Reserved.